Servers UltimateでAndroid端末をSMBサーバーとして利用する

この記事の更新版です。

Advertisement

Servers Ultimateを利用してAndroid端末を各種サーバーにする

ということでSMBサーバーとして利用します。
あ、ちなみにroot必須です。

設定

まずServersからADDを押してSMB Native Serverを選択してください。
おそらくNativeのほうが良いです。Nativeじゃない方を試す前にNativeな方を試してください。

GENERAL

SERVER NAME

好みで付けてください。

Start on Bootにチェックを入れてください。

ROOTS

右上の+から共有するフォルダを設定してください。
NAMEは好みです。
共有するフォルダはとりあえず初期設定にしました。
初期設定の位置が一般的に使われるフォルダなのでそこが良いと思います。
どこにでも指定できますが、変なフォルダを指定するとまともに使えなくなるので分かる人だけ変えてください。
もちろん、共有用のフォルダを作ってそれを共有してもいいと思います。

USER

ログイン用のユーザーを登録します。
右上の+から設定してください。
USERNAMEもPASSWORDも自由ですが、ログインに利用するのであんま変なのだと自己嫌悪に陥ると思います。

あとは保存してスタートしてください。

Windows側からアクセス

先程たてたサーバーを長押ししてInformationをタップしてCONNECT HELP内に書いてあるパスを覚えておいてください。

Explorerでネットワークドライブの割り当てなりネットワークの場所の追加なりでアクセスできるようにします。
もしくはネットワークから選ぶかです。

登録するパスは、先程Informationから確認したパスに加えてROOTSで決めたNAMEを指定します。
例えば私の場合は端末のパスが\\304SHで共有フォルダのNAMEが304SHなので\\304SH\304SHで登録します。
そのときに、別の資格情報を使用して接続するにチェックを入れておきます。
そうするとログインを求められるので、そこでUSERで登録したUSERNAMEとPASSWORDを入力します。

これでアクセスできるはずです。できない場合はそもそもサーバーをスタートしていないか、家庭内ネットワークに接続していない(モバイルネットワークにつながってたり別のWi-Fiにつながっている)か、パス指定をミスっているか、ログイン情報が間違っているか、rootを取得していないか、非対応の端末(ARM系以外のCPU搭載など)かです。

Advertisement

以上です。これで無駄に余らせているスマートフォンのストレージを活用しましょう。
ただデータ転送速度が遅めなので大きいデータはちょっと・・・