年会費永年無料1%還元な楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)が提供開始されました

いつの間に追加されたんだ・・・

Advertisement

最初は年会費が有料なVISAデビットを提供していた楽天銀行

このページをご覧いただければわかりますが、楽天銀行はデビットでVISAもJCBも提供している珍しい銀行です。
今までVISAデビット(ゴールドとシルバーが今まで提供されていたデビット)が年会費有料かつ還元率が0.5%であまりお得ではありませんでした。
ですが、楽天銀行がJCBデビットを提供開始することで状況は変わったのです。

年会費永年無料かつ還元率1%なJCBデビットを提供開始

他銀デビットカードの還元率が高くても0.5%だった時代に楽天銀行が1%還元のデビットを提供開始したのです。
かなり衝撃的でした。

Advertisement

そして年会費永年無料かつ還元率1%なVISAデビットも提供開始してしまった

いつの間に追加されたんだ・・・って感じですが、おそらく昨日(2018年12月26日)です。

JCBで最高還元な楽天銀行JCBデビットカードですが、VISAデビットが提供開始されることで私の知る限りVISAでも最高還元になります。やばい・・・

切り替えるかどうか

若干迷います・・・
現在VISAデビットカードは0.8%還元なスルガ銀行リクルート支店のものを利用しています。

ATM利用回数が改悪予定なソニー銀行からの移行先を考える

JCBは楽天銀行のものを利用しているので切り替えるとJCBデビットカードがなくなってしまいます。(他のJCBデビット一体な銀行に預金すればいいのですが)
ただしJCBプリペイドはANA JCBプリペイドを持っていますし、JCBしか使えないならば決済ではLINE Payカードを使います。(メイン決済はKyashです)
また、最近デビット決済する場所はKyashやOrigami PayへのチャージなどJCB非対応なことが多いです。
実際に楽天銀行JCBデビットカードの利用履歴を見てみると、ANA JCBプリペイドへのチャージかPASELI(KONAMIの電子マネー)へのチャージにしか利用されていませんでした。
PASELIチャージはVISA対応なので、実質ANA JCBプリペイドにチャージできなくなるだけです。

Advertisement

ということで切り替える

JCBデビットからVISAデビットに切り替えます。
なお、切り替え手数料として540円かかるので注意してください。
切り替えは、楽天銀行にログイン後、カード ATMをクリックし、下の方にある各種デビットの申し込みからできます。