Servers UltimateでAndroid端末をWake On LANツールとして利用する

Servers Ultimateを利用してAndroid端末を各種サーバーにする

ということで、PCを遠隔起動できるWake On LANツールとして利用します。

Advertisement

設定

まずServersからADDを押してWake On LAN Clientを選択してください。

GENERAL

SERVER NAME

好みで付けてください。
今回はMainPC用に設定するので、Boot a MainPCにしました。翻訳したり検索したりしたので正しい英語だと思います。

SPECIFIC

MAC

起動したいPCのマックアドレスを入力します。
Windowsの場合は、コマンドプロンプトやPower Shellから”ipconfig/all”と入力して確認しましょう。
接続してそうなイーサネットアダプターの物理アドレスが求めているマックアドレスです。
なお、入力時は”-“も含めて入力しましょう。
例えば、物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 52-9V-65-45-13-46のようになっていたら、”52-9V-65-45-13-46″と入力します。

IP or domain

素直にIPアドレスを入力すると良いと思います。
先程表示させた接続してそうなイーサネットアダプターのIPv4 アドレスが求めているIPアドレスです。

あとは保存するだけです。

Advertisement

PC側の設定

これを見てやってください。

使い方

PCがスリープ状態(機種によっては電源OFF時でも可能な場合あり)なときに、サーバーを開始するようにスタートボタンを押すとMagic Packetが送信され起動します。

Advertisement

以上です。