CPU内蔵グラフィック(iGPU)と外部グラフィックボード(dGPU)を同時接続して特定のゲームなど高負荷ソフトウェアのみdGPUを利用する

前に試みて失敗したことですが、今回普通に成功したのでまとめておこうと思います。

Advertisement

なぜわざわざiGPUとdGPUを同時利用しようと思ったか

まぁ一般的には高性能なdGPUのみ利用したほうが良いと思います。
そのほうが素直な動作が期待できると思います。
ですが私にはPCを利用しながら暖房代わりにマイニングしたいなぁという思惑がありました。
しかし、dGPUでグラフィック処理をしながらマイニングも同時にするとグラフィック表示の反応が悪くなり微妙に不快なPCライフになってしまいます。
そこで、dGPUを刺す前まで普通に使っていたようにiGPUに基本的な処理を任せ、マイニングと高負荷なゲームなどのソフトウェアのみdGPUを利用するようにすれば万事OKだし有効活用している感があって良いわけです。(語彙力消失バグ)

iGPUとdGPUを同時利用する利点を享受できそうな人

多少いると思います。

メインPCでマイニングする人

まぁ例えばこれですよね。
そもそもメインPCでマイニングをするなって話ですが、PCを利用しながらマイニングをしたい人にはおすすめです。
iGPUの十分な性能で間に合う処理ならば普通に使いながらでもdGPUの力をフルで使ってマイニング出来ます。
まぁ今だとマイニング収益なんて赤字でしょうからやる人はそこまで居ないとは思いますが・・・

QSVを使いたい人

エンコード大好きな人ならば利点かもしれませんね。
外部グラフィックボードを刺したときに自動でCPU内蔵グラフィックが無効にされたので(私は)再度有効にすることでQSVも使えるようになります。

できるだけ省エネに生きたい人

基本的にiGPUのみを利用することになるので、dGPUを動かさない分消費電力が減ります。エコですね。

できるだけ静かにPCを使いたい人

基本的にiGPUのみを利用することになるので、dGPUのファンが回りません。(多分)静かですね。
まぁ私の環境だとそもそもdGPUの音がうるさくないですし、机の下に置いていますし、ヘッドホンで音が遮られるので違いがわかりませんが・・・

Advertisement

ただしデメリットも

高性能なdGPUにすべてを処理させれば素直に使えるのにわざわざiGPUも使うのでおそらくこういったデメリットがあります。

OpenGL利用ソフトウェアではdGPU利用設定をしても効かない可能性やソフトウェアがクラッシュする可能性

結構致命的ですね。私Minecraft好きですから・・・

多少描画処理能力が低くなる可能性

調べたわけでもなくベンチマークをしたわけでもないので憶測に過ぎませんが、多少描画処理能力が低くなる可能性があります。
iGPUで最初から処理させる描画は問題ないと思いますが、dGPUで処理させる高負荷ソフトウェアの場合一旦dGPUで処理してからiGPUを経由して表示させるので描画処理能力が低くなりそう(根拠なし)です。
素直にdGPUで処理させてそのまま描画させたほうが素直です。
まぁ私の体感だと全く違いを感じません。

不具合が起こる可能性

一つのGPUで処理させれば簡単なところわざわざ複数のGPUを使うわけなので不具合が起こる可能性があります。
まぁSLIとかあるわけですし大丈夫だと思いますが・・・
今の所不具合も起きていませんしね。(iGPUdGPU同時利用運用2時間経過時点)

dGPUを使いたいならば利用したいソフトウェアを指定する必要がある

そこまで難しい設定とかではありませんが、一個一個指定する必要があります。
私はそこまで負荷が大きいゲームをやるわけではないのでせいぜい5個ぐらい指定すればいいですが、Steamセールで積みゲーしまくってるようなあなただと大量に指定する必要が出てくるかもしれません。

Advertisement

設定

BIOS設定

まずBIOSを設定します。

私が利用しているマザーボードはASUS製なのでその設定方法を書きます。
Advanced Modeに入り、詳細→システムエージェント設定→統合グラフィック設定に入ります。
そして、
・画面出力デバイスの優先順位をCPU Graphicsへ変更(QSVを利用したいだけの人は変更しなくていいです)
・統合グラフィックを常に有効を有効へ変更
こうすることで、iGPUが有効になり、デフォルトで利用されるGPUがiGPUになります。
iGPUをデフォルトにしたくない人は画面出力デバイスの優先順位を変更しないようにしましょう。

HDMIの接続先をdGPUからマザーボード側に

これで画面出力がiGPUから行われます。

Windows設定からグラフィックの設定を変更

Windowsの設定→システム→ディスプレイ→グラフィックの設定に入ります。
そしてクラシック アプリで参照してdGPUを利用したいソフトウェアのexeを指定します。
そしてオプションから高パフォーマンスを指定して保存すれば再度ソフトウェアが起動されたときに有効になります。
exeの場所はどうにかして探しましょう。起動中に右クリックしてプロパティから探すなり、タスクマネージャーから負荷がでかそうなソフトウェアを特定して指定するとか・・・

ということで追加してみました。
想像以上に負荷が大きいゲームがありませんでした。最近プレイしたゲームがDDLCとUndertaleという人間なのでしょうがないですね・・・
JavaがMinecraftです。一応追加してみましたが、OpenGLを使っているからかクラッシュするかiGPUが利用されるかのどっちかです。2回試したところは。

設定結果


まずiGPUを利用するように設定した状態がこうです。
dGPUを使わずにiGPUで処理されていますね。
そして、

これがdGPU利用設定をしたゲームの動作中です。
きちんとdGPUを利用していますね。
そしてゲーム以外の処理はiGPUで行われています。
この異常なメモリ消費は単純にCities: Skylinesがめちゃくちゃメモリ食うだけなので安心してください。

Advertisement

ということで、同時利用する設定方法でした。
私は理由があったので設定しましたが、そこまでメリットを感じない人は設定しないほうが良いと思います。
だってMinecraftでdGPU使えなくなるんですよ?私が人生で一番長時間プレイしているだろうMinecraftが・・・