AviUtlの構築まとめ 導入編

この記事のリライトです。

Advertisement

便利なフリー動画編集ソフト

まぁ結構有名なのでご存知の方が大半かとは思いますが、AviUtlは非常に便利なフリー動画編集ソフトです。

ただし、デフォルト状態で使われていることは稀で、拡張機能を導入していることが大半です。

様々な拡張機能

昔から利用されていて、便利な拡張機能が様々出ています。

デコード、エンコード、便利系から動画演出まで様々な拡張機能が無料で追加できます。

Advertisement

AviUtlの導入

AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

基本的にこのページを見ながら導入すると良いと思います。

AviUtl本体と拡張編集プラグイン

aviutl100.zipとexedit92.zipをダウンロードしてください。

下にOmakeとして拡張編集プラグイン導入済みの状態なものがありますが、AviUtlも拡張編集プラグインも若干バージョンが古いのでおすすめしません。
最新のバージョンを要求するプラグインが多いので、基本的に最新を導入しましょう。

両方を展開し、本体フォルダに拡張編集プラグインフォルダの中身をコピーすれば導入完了です。

【AviUtl】ファイル拡張子の種類・意味とオススメのフォルダ構成

できれば上のページのようにきちんとフォルダ分けをしたほうが後々楽です。

pluginsの中に拡張編集プラグインを導入するとその階層より下にscriptなどを入れることになります。
個人的にはAviUtl本体と拡張編集プラグイン、システム系のプラグインはルートディレクトリに導入することをおすすめします。

入力プラグイン

L-SMASH Works r935 release2

デフォルト状態ではmp4などが読み込めませんが、この入力プラグインを導入することで大抵の動画を読み込めるようになります。

拡張編集から読み込めない!となる場合は十中八九exedit.iniに追記していないことが原因なので拡張子を追記してください。(後述)
“lwcolor.auc”,”lwdumper.auf”,”lwinput.aui”,”lwmuxer.auf”の4つのファイルを”plugins”フォルダ、もしくは本体フォルダに移動させれば完了です。

L-SMASH Works r935 release2

出力プラグイン

デフォルト状態ではAVIでのみ出力できますが、このx264guiExを導入することでAVC(mp4)で出力できます。

“auo_setup.exe”を開き、AviUtlのフォルダを指定すれば導入完了です。

また、HEVC版、QSVEnc版もあります。

理解している人は導入するといいと思います。

x264guiEx 2.59
x265guiEx 3.92
QSVEnc 3.17

GIF出力

GIF動画を出力できるプラグインです。

簡単に動画からGIF動画を作成できるので便利です。

導入はAviUtl本体があるフォルダにそのまま導入します。
Pluginsフォルダ中に入れても動作しないので注意してください。

ショートカット追加

AviUtlに便利なショートカットを自分で追加できるプラグインです。
メモリ参照導入必須です。

拡張編集を半透明化

編集タイムラインを半透明にできるプラグインです。
完全に好みです。友達には見にくいと言われました。
メモリ参照導入必須です。

Motion Tracking MK-Ⅱ

【AviUtl】モーショントラッキングを使って顔を隠す方法【追跡機能】

トラッキングできるプラグインです。
私の環境では、動いたり動かなかったり不安定な印象がありますが、使えれば非常に便利なプラグインであることは間違いありません。

ごちゃまぜドロップス

ドラッグアンドドロップの挙動がいろいろと便利になるプラグインです。
個人的にはテキストをそのまま持ってこれるのが非常に便利です。

導入先はexedit.aufのあるフォルダです。
ルートディレクトリにexedit.aufがある場合、pluginsフォルダに導入しても動作しません。

簡易カラオケ字幕(ルビ付き)スクリプト

カラオケのような字幕を作れます。
ルビ、嘘字幕なども作れますし一部界隈に便利だと思います。

【AviUtl】外部スクリプトファイルを追加する方法【配布方法】

なお、ここからはスクリプトなのでscriptフォルダを作っても良いかもしれません。

コメント自演スクリプト

ニコニコのコメントが流れるあれを再現できます。
かなりの再現度かつ使い勝手もそこそこ良いです。

Advertisement

非常に便利かつ、一度一式を揃えれば簡単な動画から凝った動画、エンコードまですべてできるので導入しておくと便利かもしれません。

AviUtlの構築まとめ 設定編