個人間取引ではどのサービスを利用すればいいのか

ノートPCを分解しました

ここで分解した部品を処分したいのです・・・

Advertisement

フリマアプリ戦国時代

メルカリが驚異的な普及をしてからというもの様々なフリマアプリが提供されてはサービス終了しています。

ちょっと前までかなり多くのフリマアプリが提供されていたイメージですが、最近あまり話を聞きません。
おそらくメルカリが強すぎて対抗できなかったのでしょう。

個人的に利用する個人間取引サービスは3つ

メルカリとラクマとヤフオクです。

ヤフオクに関してはフリマではありませんが、なんだかんだ未だに個人間取引サービスとして使われています。
買う側としてはオークションなので手を出しにくいイメージですが(少なくとも私は)、売る側からすると比較的相場価格で売れるので良いかもしれません。

ならば私はどれを使うか

3つのサービス全てに商品をあげておいて売れたら削除という手を使いたいところではありますが、一応規約で禁止されていると思うので1つのサービスにしておきます。

第一評価基準:販売手数料

3サービスとも手数料は違います。

メルカリでは10%、ラクマでは3.5%、ヤフオクでは8.64%(プレミアム会員ではない場合は10%)売れた際にかかります。
ラクマは最初手数料無料でしたが、3.5%になりました。これでもまだ低いです。

第二評価基準:ユーザー数

当たり前ですがユーザーが少ないと売れにくいです。

明確な基準はありませんが、体感というか通説としてはメルカリ>>>ヤフオク>>>>>ラクマといった感じだと思います。おそらく。

Advertisement

ということで・・・

手数料や楽天経済圏にどっぷり使っているという点でとりあえずラクマで出品しようと思います。

ただし売れない可能性もそこそこあるのでその場合はメルカリにでも流しましょう。それでも売れなかったら需要0なので処分しようと思います。