Chrome向け広告ブロック拡張機能はNano AdblockerとNano Defenderの組み合わせが最強かもしれない

個人的導入Chrome拡張機能まとめ

ブログ運営者なので広告ブロックを導入しないでくださいとしか言いようがありません。

Advertisement

有名かつ最強広告ブロック拡張機能はおそらくuBlock Origin

私も今までuBlock Originを導入していて、特に問題なく利用していました。

頻繁に更新されていて、その上軽量だと自称しています。(実感としてもおそらく軽量なのだろうなという感想です)

しかしAnti Adblock対策が手間

Anti Adblockは広告ブロックをブロックするサイト運営者から見たら救世主のようなスクリプトです。

が、利用者からしたら単純にAdblockを解除する手間があるだけの嫌がらせスクリプトです。(運営者的にはそもそもAdblockを導入せず素直に広告を見てくれればハッピーなのですが)

Nano Defenderを利用すればAnti Adblockを回避できる

Anti Adblock Killerの強い版がNano Defenderらしいですね。私はAnti Adblock Killerをめんどくさがって導入していなかったので知りませんでした。

Nano DefenderはuBlock OriginかNano Adblockerとともに利用する拡張機能です。両方導入する必要があります。

uBlock OriginでもNano Defenderを利用できますが、若干手間がかかりますし、よくわからないところもあります。

ですが、Nano Adblockerならば両方導入するだけで設定をせずとも利用できます。

Nano AdblockerはほぼuBlock Origin

Nano AdblockerはuBlock Originをもとに開発されていますし、更新頻度も変わらないのでおそらく問題なく利用できます。

もちろん、uBlock Originをガチガチに利用している人ならばそう簡単に乗り換えるのはできないかもしれませんが、せいぜいフィルターを追加しているだけ、という場合やそもそも今から導入するという人はNano Adblockerを導入することをおすすめします。

Nano AdblockerとNano Defenderを導入する

ということで導入します。

Nano Adblockerのインストール

Chromeに追加をクリックし、拡張機能を追加をクリックするだけで完了です。すごい簡単。

Nano Defenderのインストール

Chromeに追加をクリックし、拡張機能を追加をクリックするだけで完了です。すごい簡単。

Nano Adblockerの設定

もともとuBlock Originを利用していた人ならばそのデータを一括でエクスポートし、Nano Adblockerにインポートすればおそらくほとんどのデータがきちんとインポートされると思います。

Nano Defender Integration、豆腐フィルタとMyフィルターを適用させています。個人的にはこれで十分だと思います。フィルターを過剰に利用すると余計重くなるので注意。
EasyListを導入すると広告じゃないものまでブロックしてしまったり、広告ブロック検知に引っかかることがあります。

一応設定後に設定一括エクスポートするとなにかあったときに便利です。

Advertisement

サイト運営者としてはそこまでして広告ブロックするなという感情ですが、利用者としてはたいして中身も無いのにクソでかい広告を邪魔な位置に表示されたり、強制的に動画広告を見せられたり、インパクトだけが強い邪魔なGIF広告などを見せられたいわけがないという感情なので仕方ありません。

シンプルかつ邪魔ではないGoogleや個人的に応援している個人サイトなどはホワイトリストに入れてあげてください・・・