Servers Ultimateを利用してAndroid端末を各種サーバーにする

この記事の更新版です。

Advertisement

余っているAndroid端末の活用

早速サーバー化して活用しましょう。

Servers Ultimate Pro

Servers Ultimate Pro

1,280円(01/29 10:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

そもそもServers Ultimateとは

かなり便利なAndroid端末を各種サーバーとして利用できるアプリです。
Amazonアプリストアの説明によると、

・60以上のサーバーを端末から実行出来ます
・70以上のプロトコルを使用可能
・16のネットワークツールをお使いいただけます

らしいです。とんでもないですね。
しかも比較的簡単に使うことができます。

なお、一部のサーバーにはroot権限が必要となります。

Advertisement

ということで各種サーバーを利用する

本当に様々なサーバーが使えます。なので一つ一つまとめていきます。

事前にSettingsからStart the app on bootにチェックを入れておきましょう。

SMBサーバー

ファイル共有用サーバーです。
これで端末のストレージをNAS化し、Windowsからいろいろします。
例えばバックアップとかです。
ついでにフォトフレームで利用する画像の更新などもできます。

Servers UltimateでAndroid端末をSMBサーバーとして利用する

記事を書いたのでこれを参考に構築してください。

Wake On LANクライアント

外からPCを起動できるようになるツールです。
基本的にメインPCはスリープ状態かつLANケーブル接続状態なので、Wake On LANでスリープ復帰できます。
あとはTeamViewerで遠隔操作です。

Servers UltimateでAndroid端末をWake on LANツールとして利用する

記事を書いたのでこれを参考に構築してください。

VPNサーバー

バーチャルなプライベートのネットワークを使えるようにするサーバーです。
セキュリティ向上やアクセス元変更といった使い方としても使われますが、私は家庭内ネットワークにアクセスできるようにしたいという理由での利用です。
家庭内ネットワークにはメインPCのCドライブとDドライブ、Androidサーバー、nasneなどがつながっているので外でもそのままアクセスできると便利です。

Android端末をVPNサーバーとして利用する 総まとめ 完全版

記事を書いたのでこれを参考に構築してください。

Dynamic DNS アップデーター

IPがころころ変わってしまう自宅回線でも、設定したドメインにアクセスすればそれで家庭内ネットワークにアクセスできるようになります。
VPNサーバーを利用するときに便利です。IPが変わってアクセスできないなんてことがなくなります。
そのDDNSにIPが変わったと通知してくれるのがこのDynamic DNS アップデーターです。

Servers UltimateでAndroid端末をDynamic DNS アップデーターとして利用して無料DDNSサービスを利用する

記事を書いたのでこれを参考に構築してください。

Advertisement

以上です。

余っているAndroid端末を本当に様々なサーバーとして利用できるようになるので、端末を余らせている場合は使ってみてください。