TaskerとBluetooth Auto Connectを利用してWi-Fi接続が切れた時に自動でBluetoothテザリングに接続する

Android標準でこの機能が欲しいのですが・・・

Advertisement

インターネット生活の危機

OpenVPNをテストしていたところ通信制限(従量制なので使えますが価格が跳ね上がるので実質通信制限というか断モバイルネットワーク)になってしまい、外でメインのモバイル回線を利用できなくなってしまいました。

Android端末をVPNサーバーとして利用する 総まとめ

しかし、私は0simという500MBまで無料で利用できるSo-net(現nuroモバイル)の回線を保有しています。なのでそれを利用します。

テザリングの種類

サブ機に0simを刺してメイン機でインターネットを使っているわけですが、その時に利用するのがテザリング機能です。

テザリング機能についての解説はWikipediaなりを見てもらうとして、サブ機であるGalaxyS7edgeには3種類のテザリング方法が存在しています。

Wi-FiとBluetoothとUSBテザリングです。新しめのAndroid端末なら大抵この3種類が使えると思います。

スマートフォンにテザリングするので有線なUSBテザリングは論外として、一般的にはWi-Fiテザリングを利用すると思います。

Wi-Fiテザリングはスマートフォン自体をモバイルルーターのように使いWi-Fiとして利用できる方法です。

高速ですしWi-Fi対応機器ならば接続できるので一般的にはそれで良いのですが、バッテリーを多く消費します。

Bluetoothテザリングは低速(約3Mbps限度と言われている)かつPAN(Bluetoothプロファイルの一部)に対応していないといけないという問題点がありますが、バッテリー消費はWi-Fiテザリングに比べて少ないのです。

0sim自体がMVNOかつ無料で提供されているということもあり低速なので、Bluetoothテザリングによる速度低下はあまり気になりません。そもそもTwitter程度ならば十分な回線速度です。

また、PANに関しては新しめのAndroid端末なりPCなりならば対応しています。とはいえゲーム機などは非対応なことが多いのでそれは諦めてください。

ということでBluetoothテザリングを使っているが・・・

Bluetoothテザリングを利用する方法は比較的簡単で、サブ機側でBluetoothテザリングをオンにし、メイン機とペアリングし、メイン機側でサブ機のインターネットを利用するようにするだけで良いのです。

初期設定は簡単なのですが、常用する上でちょっとした問題があります。
BluetoothテザリングはWi-Fiに接続されると自動で接続が解除されてしまうのです。

Wi-Fiに接続していてBluetoothテザリングは必要ないのだから解除する、ということはわかります。が、コンビニで一瞬自動接続され、すぐにWi-Fi接続が途切れたとしてもBluetooth接続は切れたままなのです。再度Bluetoothテザリングを利用したい場合は、メイン機でサブ機とのBluetooth接続を手動で再度行う必要があります。

これが若干面倒ですし、気づくまでの間インターネット不通になってしまうのです。これが問題・・・

その問題をTaskerをBluetooth Auto Connectで解決!

Android自動化アプリTaskerを活用する

Taskerは言わずとしれた超便利なAndroid操作自動化アプリです。

Bluetooth Auto ConnectはBluetooth切断時や画面点灯時など特定の条件で自動的にBluetooth接続をすることができるアプリです。

Bluetooth Auto Connect単体でWi-Fi切断時にBluetooth接続、といったことができれば良いのですがそれは無理なようです。

そこでTaskerとのあわせ技です。

Bluetooth Auto ConnectはTaskerに対応しているようで、Tasker側でアクションプラグインとして利用することが出来ます。

Tasker側で条件にWi-Fi切断、タスクにBluetooth Auto Connectの利用と設定することで、Wi-Fiが切断された時に自動でBluetoothテザリングを利用できるようになるのです。

Bluetooth Auto Connect側の設定

インストールしてください。

インストールしたら設定していきます。

General

Profiles

テザリングのみに利用する場合はProfilesの設定でNetworking(PAN)に設定します。

他の機能を使うのならばそれも追加してください。

Devices

ここで自動接続のオン、オフと優先度設定ができます。

テザリングさせたい端末が一つだけならばそれ以外をオフに設定し、その他にもあるのならば優先度を設定しましょう。

Events

Bluetooth On

Bluetooth Onをオフにします。

このアプリ単体で利用する場合はEventsで自動接続させる条件を選べば良いのですが、今回はTaskerで実行させるので単体では動かないようにします。

Tasker側の設定

Wi-Fi切断時にBluetooth Auto Connectが実行されるように設定していきます。

PROFILES

PROFILESのプラスボタンから、Stateを選択、Net→WiFi Connectedを指定します。

今回は単純にWi-Fiが切断されている状態を指定したいのでSSIDは空欄、ActiveはNoにします。
なお、これで動くはずですが私は動かなかったのでActiveをYesに設定しInvertにチェックを入れました。起こることは同じはずです。

TASKS

プラスボタンから、Plugin→Bluetooth Auto Connectを選択し、設定の右側にあるペンアイコンで設定をチェックします。

Global Setteingsにチェックが入っていることを確認し(これで先程Bluetooth Auto Connect側で設定した内容が反映されます)、ProfilesをPANにします。

あとは一番最初まで戻り、右上のチェックを押せばOKです。

Advertisement

これでWi-Fi接続が切れた時に自動でBluetoothテザリングされるようになったはずです。

Bluetoothテザリングはかなり便利なので、この方法も活用しながら使ってみてください。