フォトパネル02をHDMIディスプレイにする

ディスプレイだけ生き残ったノートPCを分解してモニターとして利用する 完結編

ディスプレイだけ生き残っていたノートPCのディスプレイを利用してHDMIディスプレイにしていたわけですが、今回は9インチのフォトパネル02を利用してディスプレイにしたいと思います。

Advertisement

フォトパネル02について

フォトパネルはdocomoが販売しているフォトフレームで、回線数水増しに使われたのか相当数流れたらしく中古価格が崩壊しています。

リサイクルショップで数百円で買えるような場合もあるみたいですが、私の生活圏にあるリサイクルショップでは見つかりませんでした。

なので新品箱付きなフォトフレーム02をフリマアプリで購入しました。送料込み1000円だったので相手方の利益はほぼ無いでしょう。普通に送ると赤字です。

フォトパネル02はかなり古いのでフォトパネルとして使うには若干不便かもしれませんが、私が必要なのは中身のディスプレイのみです。ちなみにdocomoフォトパネルシリーズで利用されているディスプレイは全て同じ(最近の物は違うかもしれませんが)らしいので特に新しいから良いということはありません。ディスプレイがほしいだけならば古くても安いやつのほうが良いでしょう。

分解

ということで分解します。

フォトパネルシリーズの構造は大体同じのようで、フォトパネル02も品名や注意書きが書かれている下のシールの下にネジが3つ隠されています。

そこのネジをとると下に隙間ができるので、そこにプラスチックカードなりを利用して爪を外していきましょう。

ディスプレイと接続されているフラットケーブルが必要なのでそこだけは壊さないようにしましょう。

ということで分解しました。

このように簡単にディスプレイにアクセスすることができます。

フレームからディスプレイを取り出すには見えている4つのネジを外すだけです。簡単。

LCDの仕様を調べる

ディスプレイだけ生き残ったノートPCを分解してモニターとして利用する 準備編

あとはここでやっている手順と同じことをします。

ディスプレイを分解した所、品番は”AT090TN12 V.3″でした。

50 pins TTL (1 ch, 6/8-bit) のようです。愛してやまないAliexpressで仕様に合うコントローラーを買いましょう。

おそらくこれで動くと思います。まだ届いてないので保証はできませんが・・・ディスプレイの品番も書かれているので大丈夫でしょう。フォトフレームをディスプレイにするという情報は大量にあるので需要も大きいのでしょうね。

おそらく安物パネルなこともあり、解像度も高いとは言えません。品質もあまり良くなく、視野角もよろしくありません。そういうのを求めるのならば高いちゃんとしたディスプレイを買いましょう。

Advertisement

ということで中華通販あるある、待ちです。

翌日に届くようになったら本当に中華通販最高なのですがね・・・

フォトパネル02をHDMIディスプレイにする 完結編