TVTestを導入する

”PX-W3PE4”でとりあえず番組を見ることができるようにする

とりあえず番組を見ることができるようにはしたのでしっかり見ることができるようにします。

Advertisement

BonDriverの用意

こちらを参考にしました。

BDASpecial-IT35の用意

最新版をダウンロードしてください。

ルートにあるBonDriver_PX_x3U4_S.iniを”BonDriver_”から始まるファイル名にリネームします。
例としてBonDriver_PX_W3PE4_S.iniにリネームします。これが衛星波用となります。

同じくルートにあるBonDriver_PX_x3U4_T.iniを”BonDriver_”から始まるファイル名にリネームします。
例としてBonDriver_PX_W3PE4_T.iniにリネームします。これが地上波用となります。

x86\ReleaseにあるIT35.dllを利用します。

PX-W3PE4の内蔵カードリーダーを利用する場合はルートにあるWinSCard.ini内に記述されているTunerFriendlyNameをPXW3PE4用に変更してください。

また、PX-W3PE4の内蔵カードリーダーを利用する場合はx86\ReleaseにあるWinSCard.dllを利用します。

BonDriver_BDAの用意

最新版をダウンロードし、x86\Releaseの中にある”BonDriver_BDA.dll”をコピー、先ほど作成した衛星波用と地上波用のファイルにファイル名をあわせてください。

例としてBonDriver_PX_W3PE4_T.dllやBonDriver_PX_W3PE4_S.dllにリネームします。

TVTestの用意

ビルド済みのファイルは公式では用意されていないため自分でビルドする必要があります。

が、面倒なので非公式なビルド済みファイルを利用します。

こちらから自己責任で最新版をダウンロードします。

ファイルを展開し、TVTest_32bit内に先程用意したBonDriver_PX_W3PE4_S.dll、BonDriver_PX_W3PE4_S.ini、BonDriver_PX_W3PE4_T.dll、BonDriver_PX_W3PE4_T.ini、IT35.dllをコピーします。

PX-W3PE4の内蔵カードリーダーを利用する場合はWinSCard.dll、WinSCard.iniもコピーしてください。

TVTest.exeを起動し、OKで起動します。録画ファイルの保存先を変更したい場合は変更してください。H.265デコーダーはとりあえずスルーでOKです。

チャンネルスキャンは後で行うのでとりあえずいいえをクリックしてください。

PX-W3PE4の内蔵カードリーダーを利用する場合は、画面上で右クリックし設定、TSプロセッサのデフォルトモジュールを”B25.tvcas”、デフォルトデバイスを”SmartCard”、デフォルトフィルターを”Plex PX-x3U4 Card Reafer 0″にします。

画面上で右クリックし設定、チャンネルスキャンからスキャンしてください。

OKで閉じ、右下からチューナーを地上波に変更、画面上で右クリックし設定、チャンネルスキャンからスキャンしてください。

OKで閉じ、画面上で右クリックし、チャンネルから好きな放送局を選択して視聴できればOKです。

Advertisement

設定が完了しているのにスクランブルエラーが増えていく一方で全く表示されない、でもワンセグは視聴できる、というような場合はB-CASカードを挿し直すことで改善するかもしれません。それでもだめなら外付けのICカードリーダーを利用してみると改善するかもしれません。頑張ってください。