Kritaに関する自分用メモ

Kritaを導入しました

なんだかんだKritaで自分のアイコンを描いたりしているのですが、若干使い方がよくわからなかったところがあるのでそういう所の自分用メモです。

Advertisement

ペンタブレットを利用したショートカットキー

キャンバス移動

マウスを利用する場合は
マウス中ボタンドラッグですが、

ペンタブレットを利用する場合は
スペース+マウス左ボタンドラッグを利用することになります。

要するにスペースを押しながら描く動作をすることで回転されます。

キャンバス回転

マウスを利用する場合は
Shift+マウス中ボタンドラッグですが、

ペンタブレットを利用する場合は
Shift+スペース+マウス左ボタンドラッグを利用することになります。

要するにShiftとスペースを押しながら描く動作をすることで回転されます。

キャンバス拡大縮小

マウスを利用する場合は
Ctrl+マウス中ボタンドラッグですが、

ペンタブレットを利用する場合は
Ctrl+スペース+マウス左ボタンドラッグを利用することになります。

要するにCtrlとスペースを押しながら描く動作をすることで拡大されます。

手ブレ補正

超絶初心者な私は普通に線を引くだけでガッタガタになります。

そこで手ブレ補正を利用します。

輪郭などを書く場合は安定化手ブレ補正を利用します。
距離50、遅延50pxにするとかなり補正の効いた線を引くことが出来ます。

が、かなり補正されるので思うように曲線が引けませんし、思い通りに描くことが出来ません。

その場合は距離や遅延を更に下げるか重みづけ手ブレ補正を利用しましょう。

Advertisement

Krita自体にはそこそこ慣れたのですが(とはいえ99%の機能は利用できていませんが)肝心の画力は向上する兆しがありません。

単純にそこまで描いていないからというのもあります。小さい頃から描いていればなぁ・・・