SSIDごとにIPアドレスの設定をする

おそらくWindows10のみです。

Advertisement

IPアドレスを固定するといろいろと便利

各種ネットワーク機器側でIPアドレスを固定する

まぁ必要ない人は徹底的に必要ないのですが、IPアドレスを固定すると家庭内ファイル共有の面で便利です。

私のやった設定だとすべての接続がIP固定される

アダプター側の設定でIPを固定するので、そのアダプターで接続する限り全て固定されます。

私のメインPCはデスクトップ型で、接続も家回線かつ有線接続なので全て固定されても問題ありません。

しかし外でも接続するラップトップではIP固定するとインターネット不通に

テザリングや他の回線に接続するラップトップではWi-Fi全てIP固定されると大抵の場合インターネットに接続できなくなります。

それでは困ります。いちいちIP固定にしたり自動取得にしたりするのも面倒・・・

Windows10ならばSSIDごとにIP設定が可能

実はWindows10ならばSSIDごとにIPアドレスを設定できます。

自宅や会社などではIPアドレスを固定し、その他は自動取得にするなども可能です。

なお、そういった設定を利用する場合はアダプター側のIP設定は自動取得にしておきましょう。インターネット不通になります。

設定方法

Wi-Fiのアイコンから接続しているSSIDのプロパティを開きます。

下の方にスクロールするとIP設定があります。
編集をクリックして設定してください。

なお、サブネットマスクが255.255.255.0な場合長さは24になります。

Advertisement

以上です。これで家ではIPアドレスを固定しながら外ではきちんと自動取得できるようになっているはずです。