由来指定地名ジェネレーター(β)Ver.1.0を公開しました

簡単な地名作成ツールを作る 検討編

HTMLやCSS、JavaScriptの勉強とCities:Skylinesで個人的に使う地名生成も兼ねて作られた地名ジェネレーターがやっと公開にまでたどり着きました。

Advertisement

仕様

文字が羅列されたファイルから一文字ずつ読み込み、それをランダムで一文字ずつ取り出し地名を作るという仕様です。

生成に利用するファイル側の重複チェックは行われていますが、ランダムなので生成された単語側で文字が被る場合があります。その場合は自分で”々”に変えるなりしてください。

読みも提案するようにしようかと思いましたが全く地名っぽくならないので読みは自分で良い感じのものを考えてください。

また、ロブスタが丘のような地名を作りたい場合は自分で良い感じに生成された地名の後ろにつけてください。

使い方

アクセス

上のリンクにアクセスしてください。

生成由来指定

どの文字羅列から地名を生成するか指定できます。

日本艦

某これくしょんゲームに登場している日本艦の漢字のみを羅列したものです。

ぼちぼちそれっぽい日本地名が作れるのではないのかなと思います。

ファイル指定

自分で使う文字を指定できます。

txtファイルにUTF-8で文字のみを羅列してください。

重複チェックは行われます。改行は無視されますが、空白が混ざると空白も含まれてしまうので空白は含めないでください。

文字数

1~5文字までを指定できますが、2、3文字が地名っぽくなる限界のような気がします。

4文字にすると四字熟語であったり人名のようになるかもしれません。

生成数

単語の生成数を5~30単語の間で指定できます。

実行

実行ボタンを押すと実行され下のテキストエリアに地名が表示されます。

実行を押すたびに新しく生成されます。

Advertisement

ということで、まだまだ改善点はありますが、とりあえず公開しました。

今後テキストエリアによる由来文字入力追加やもうちょっと見栄えのするページに改善していこうと考えています。