ドキュメントスキャナーが届きました

ドキュメントスキャナーをポチりました

ドキュメントスキャナー以外でスキャンできない体になりました・・・

Advertisement

早速使おうとしたら・・・

ドキュメントスキャナーが届きました。中古品ですがジャンクではないのでちゃんと動くでしょう。多分。

説明書などは付属せず、本体と電源ケーブルだけなので早速使おうと思います。

・・・と思いながらセットアップをしていたところ、致命的なことに気が付きました。
USB2.0 TypeBケーブルが無い!!!

てっきり付属するもの、もしくは今使っている外付けHDDの接続ケーブルで使えるもの(USB3.0 TypeBケーブル)だと思いこんでいました。

USB2.0TypeBケーブルぐらい家のどこかに一本ぐらいあるでしょと思いながら探しましたが無く・・・
MiniBやUSB3.0 TypeBならいくらでもあるのに・・・

仕方ないのでヨドバシ・ドット・コムで購入しました。即日配達は間に合わず翌日配達です。
翌日配達ならばAmazonでも良いのですが、如何せんこちらはケーブル一本だけという場合などはほぼあわせ買いです。実質買えません。

ということで翌日

ケーブルが届きました!!!USB3.0 TypeBケーブルが下位互換性をもたせてくれていれば買う必要なかったのに・・・

早速セットアップして使っていこうと思います。

起動確認

電源ケーブルを接続して電源ボタンを押すと普通に起動しました。

あとは動作確認ですが、説明書も何も付属していません。

なので、キヤノンのサイトからPDFで確認します。ありがとうインターネット!

ソフトウェアインストール

おそらくWindows側で勝手に入るドライバなりなんなりでスキャン自体はできますが、せっかくなのできちんとしたメーカーのソフトウェアも導入します。

ドライバ

スキャン用ソフトウェア

DR-C125用のソフトウェアもありますが、こちらのほうが新しいですしキヤノンのスキャナならば全て普通に動くと思うのでこっちにしました。

スキャンしてみた

私にはスキャナーを利用してスキャンしたいものが主に4つあります。小学生時代の黒歴史と教科書(の極一部)、印刷された写真、カード類です。

黒歴史

ここでスキャンの画像を出すのが正しいのでしょうが、今スキャンしているのは晒したら友人氏に怒られそうな黒歴史ペーパーなので出せません。

ノートに鉛筆などで書かれたものですが、キレイにスキャンしてくれます。裏写りもありません。すごい。600dpiなどに設定しない限りそこそこの速さでスキャンしてくれます。さすがドキュメントスキャナー。

教科書(の極一部)

なんとなく処分しづらい(とはいってもすでに殆どが廃棄済みですが)教科書が足元に残っています。天然水の箱の中に・・・

せっかくならば有用な情報をスキャンしておこうと(教科書の中に有用ではない情報はないはずですが)思いながら整理しましたが、裁断機がない(100円均一のカッター式のものはありますが教科書を裁断できるようなものではありません)こともあり断念しました。

全スキャンは諦め、別の理由で一部スキャンしましたが、かなりキレイです。印刷のドットがきれいに見えます。すごい。

写真

小さい頃に撮られたアナログな写真です。

私はそういうものは処分しちゃいたい派ですが、一般的にそういうものは処分できないので一応残してあります。

せっかくなのでスキャンしました。

もちろん、こちらもかなりキレイです。むしろ写真自体のピンぼけや画質の悪さのほうが圧倒的にわたし、気になります!

カード類

WebMoney Card Liteの更新カードが届きました

こちらの記事にスキャン画像を利用しました。

もちろん現実のほうが光を反射するのでキレイですが、かなりキレイにスキャンされています。ホログラム部分とかすごいですね。

Advertisement

結論

ScanSnapがどのレベルなのかはわかりませんが、こちらも十分キレイです。

ScanSnapはPDFとJPEGしか選べないらしいですが、こちらはPNGやTIFFなども選べるのもありがたいですね。なんとなくPNGが好きな私にとってはありがたいです。

ドキュメントスキャナー自体の問題としては想像の範囲内とはいえそこそこうるさいです。まぁドキュメントスキャナーはこういうものでしょうから仕方ありません。

最初はスキャン画像に筋が入っていたのですが、おそらくここでスキャンしているであろう部分を雑にアルコールで拭いたら改善しました。よかったね。