楽天モバイル(MNO)に関して色々まとめて検討する記事

申し込みは携帯キャリアの100倍簡単ですが、使いこなすのは100倍難しいです。

Advertisement

そもそも楽天モバイルとは

皆さんご存知楽天の提供するモバイル通信事業が楽天モバイルです。

元々楽天モバイルはMVNOとして始まりました。が、今やMNOとして正式サービスを開始しようとしています。

そのため、今の楽天モバイルという名称にはMVNOな楽天モバイルとMNOな楽天モバイルが混在しています。そのため今後は区別のためにMVNOな楽天モバイルを楽天MVNO、MNOな楽天モバイルを楽天MNOと記述します。

発表された楽天MNOのプランについて

今回発表されたプランはなかなかおもしろいプランでした。

料金

今回発表されたプランはデータ容量無制限2980円(税別)のプランのみです。

本来ならばデータ容量別にプランを作るものですが、複数あるとわかりにくいからという理由で正式開始後も(元楽天MVNOユーザーからの切り替え以外)この1つのみにすることも検討しているようです。

個人的には5GB1500円的なプランのほうが圧倒的にありがたいのでそういったプランも欲しいのですが・・・

なお他キャリアで大容量のプランを利用するとなると7000円程度がかかるのでかなり破格です。

また、1年間は無料で無制限プランを利用できるキャンペーンを実施します。やばいね・・・

データ容量

今回発表されたプランはデータ容量無制限で利用できるというプランです。

ただしあくまでも無制限なのは楽天MNO回線のみで、auローミングの利用は2GBまでです。また、海外ローミングも2GBまでです。それ以降ローミングを利用する場合は128kbpsの速度で利用するか1GB/500円で追加するかになります。

楽天MNOの電波が比較的飛んでいる都心でも現状地下などはauローミングに切り替わるので、普段からモバイル回線を利用しまくっているような人には少し足りないかも知れません。

電話

Rakuten Linkアプリ経由で電話をすることで国内電話料金が無料になります。

やばいね・・・

最低利用期間や解約手数料などは無料

回線契約でよくある最低利用期間や解約手数料などはかかりません。

気楽に契約して気楽に解約することが出来ます。

申し込みで6030ポイント付与

契約する際に事務手数料3030円がかかりますが、事務手数料キャッシュバックキャンペーンをやっているので全額ポイントで返ってきます。

また、オンライン契約キャンペーンもやっていて、そちらで3000ポイントが付与されます。

ただしポイントをもらうにはRakuten Linkアプリからの回線アクティベーションが必要になります。他にも細かい条件があるので、サイトを確認してください。

Advertisement

楽天MNOのエリアについて

値段も安い、データも使い放題、敵無しじゃないか!!!と思われるかも知れませんが、まぁそんなにうまい話はありません。

リンク先から確認していただくとわかりますが、2020年1月31日時点での楽天MNOエリアは東京中心部周辺、名古屋中心部、京都・大阪・神戸中心部あたりのみです。

つまりそれ以外の地域が生活拠点な方は現状楽天MNO無制限利用の恩恵を受けることが出来ません。auローミングの2GBしか使えないことになります。

また、エリア内だったとしても地下鉄や建物の奥などの電波が入りにくいところではauローミングに切り替わると予想されます。

とはいえ結構なペースで基地局を増やしているので、都心ではわりとすぐにぼちぼち快適に使えるようになるかも知れません。

ただし、2021年3月に全国展開を予定しているとはいえ、1年間で地方でも快適に繋がるようになるとはさすがに思えません。まぁ地方だったとしても人口密度の高そうな(中心街の)駅前などならばぼちぼち快適に繋がるようになる気はします。保証も何もしませんしなんとなくの感想です。根拠もありません。

楽天MNOで利用できる端末について

一般的なMVNOならば利用するキャリア回線に端末が対応していれば利用できることが多いですが、楽天MNOはもはや新しいキャリアで若干特殊なので利用できるとは限りません。

現状公式で対応している端末はリンク先にある十数種類のAndroid端末のみです。

楽天MNOはBand3、auローミングはBand18を利用していらしいので、それに対応している端末ならば電波自体は掴める気がしますが、利用できるかどうかは繋いでみないとわかりません。

繋がったとしても不安定であったりRakuten Linkアプリが利用できなかったりという可能性もあります。

なので現状で安心して楽天MNOを利用したいのならば、公式で対応している十数種類のAndroid端末を購入することになります。

特にiPhoneの場合は動作保証対象外と明記されていますし、Rakuten Linkも現状利用できません。

Advertisement

楽天MNOを契約すると幸せになれる人

じゃあどんな人が現状の楽天MNOを契約すれば良いんだ!って話になりますが、このような人が想定されます。

サブ回線とサブAndroid端末が欲しい人

回線は1年間無料ですし、端末も極端に高いわけではないので、サブ回線とサブAndroid端末が欲しい人には良いかと思われます。

個人的にはOPPO Reno Aが欲しいです。画面内指紋認証が欲しい・・・意外と顔認証って使いにくいですし決済系アプリの本人認証って大体指紋認証しか対応していなくて裏のアクセスしにくい位置に指紋リーダーがある端末はめちゃくちゃ使いにく(ry

極論毎月2GB使えれば問題ない人

楽天MNOが使えなくても、auローミングは2GB無料で利用できるわけなので、毎月1GBで収まるように生きている筆者のような人間ならば十分使えます。

ただし結局対応端末を購入することになるので(買わずに自前端末利用人柱になるという手もありますが)新たな端末に金をかけたくない人には微妙です。

楽天が好きすぎる都心住みの人

利用して実証データを楽天に提供してあげてください。

携帯キャリアの勧誘を断りたい人

家電量販店の携帯売り場の前を通ると128%ぐらいの確率でされる勧誘を一瞬で断ることが出来ます。

例えば、

“今どこの回線使ってるんですか?”→”MNOの楽天モバイルです”→終了

もしくは、

“携帯料金高くないですか?うちなら安く出来ますよ?ちなみに今いくらかかってます?”→”0円です”→終了

という感じです。

これで勧誘は一瞬で終わります。ただしそのままキャリアの人と携帯談義になるかも知れませんが・・・

申し込む

ここまで来ても申し込みたいという特殊な人は申し込みましょう。

ここのリンクから申し込みます。

楽天市場に飛ぶので、かごに入れて購入手続きをすれば購入完了です。

3月末頃までにアカウントのメールアドレスに契約手続きメールが届くので、そこから本人確認書類の提出などをするようです。

また、事務手数料は契約完了時に引き落とされます。契約が完了しなかった場合には引き落とされません。

Advertisement

結論としては、サブとして遊ぶには最高なものではあるけれどもメインとして使うのはおすすめしない(特に地方は論外)というような感じです。

楽天モバイル(MNO)の正式契約手続き