VRoid産モデルをBlenderで編集する 白衣編

VRoid産モデルをBlenderで編集する 制服修正編

制服のモデルを修正したので、このモデルに白衣を重ね着させたいと思います。

Advertisement

重ね着について

重ね着をさせるとモデルを動かしたときに下の服が貫通してしまうことが多いのでやらないほうが無難です。

やる場合は上着に隠れる部分は削除するなどの手もありますが、やらないほうが無難です。

私は意地でも下に制服を着せたいのでやりますが、やらないほうが無難です。

VRoidで白衣の作成

Blenderで白衣を一から作成するのも手ですが。面倒ですし私のレベルでは困難なのでVRoidで白衣っぽいものを作成して編集します。

今回はロングコートを利用して白衣っぽいものを作成しました。これをBlenderに持っていって白衣の分離、修正します。

服の分離

Blenderに読み込ませ、服を分離させます。

前回と同じ様にマテリアルを活用して選択しましょう。

必要な部分以外を消去し、FBXでエクスポートしてください。

服のインポートと修正

着させるモデルにエクスポートした服をインポートします。

ここで白衣っぽくなるように修正しておきます。ここでどのぐらい時間がかかるかが決まってきます。

制服袖の修正

白衣よりも制服の袖のほうが長かったのが納得いかなかったので袖を短くしました。

ウェイトの設定

今の状態だとモデルの上に服を重ねただけで腕の動きなどに追従しません。

そこで、関連付けをすることで追従するようにします。

服を選択してからボーンを選択し、左上にあるオブジェクトボタンからペアレント→自動ウェイトを選択してください。これで動きに追従するようになったと思います。

とりあえず完成

とりあえずできました。ちゃんと動くかどうかは次回Unityに持っていくことで判明します。

テクスチャーの出力

テクスチャーを出力します。次回へのフラグ立てです。

ファイル→外部データ→すべて.blendへパックで一旦すべてBlenderファイルにパックし、ファイル→外部データ→ファイルにすべてパック解除でテクスチャーを再度出力します。

Advertisement

本当はもうちょっと凝りたいのですが、このままだと完成する前に失踪してしまうのでこのへんで完成とします。白衣を着ることはできましたし・・・

次回はUnityに持っていき動作チェックをしたいと思います。

VRoid産モデルをBlenderで編集する チェック編