個人的Java文法メモ

個人的文法メモ

個人的に利用するJava文法をコピペできるようにまとめておく記事です。

Advertisement

変数宣言

// バイト型変数aを宣言 範囲:-128~127
	byte a;
// 短整数型変数b,cを宣言 範囲:-32768~32767
	short b, c;
// 整数型変数dを256として宣言 範囲:-2147483648~2147483647
	int d = 256;
// 長整数型e,fを512として宣言 範囲:-9223372036854775808~9223372036854775807
	long e, f = 512l;
// 単精度浮動小数点数型gを3.14として宣言 範囲:±3.40282347E+38~±1.40239846E-45
	float g = 3.14f;
// 倍精度浮動小数点数型hを3.14として宣言 範囲: ±1.79769313486231570E+308~±4.94065645841246544E-324
	double h = 3.14;
// 文字型iを'あ'として宣言 2バイト文字一文字を代入可能
	char i = 'あ';
// 文字列型jを"いろはにほへと"として宣言 Stringは参照型なので頭文字が大文字
	String j = "いろはにほへと";
// 論理型kをtrueとして宣言
	boolean k = true;

一般的に整数を入れるときにはint、小数を入れるときにはdouble、文字列を入れるときにはString、論理値を入れるときにはbooleanを利用します。

配列

// int型配列
	int[] score = new int[3];
// double型配列
	double[] price = { 192.6, 568.3, 1546.2 };
// 代入
	score[0] = 1;
// String型二次元配列
	String[] element = { { "K", "Ca", "Sc", "Ti", "V" }, { "Rb", "Sr", "Y", "Zr", "Nb" } };
// 要素数
	int count = price.length;
// 行の列数
	int count2 = element[0].length;

Javaの場合添字は0から始まります。

標準入出力

// "ちはやぶる神代も聞かず竜田川"と出力し改行
	System.out.println("ちはやぶる神代も聞かず竜田川");
// "からくれなゐに水くくるとは"と出力
	System.out.print("からくれなゐに水くくるとは");

printで出力、printlnで出力し改行をします。

import java.util.Scanner;

//Scannerクラスのインスタンス生成
	Scanner scan = new Scanner(System.in);
//Scannerクラスのインスタンス生成
		Scanner scan = new Scanner(System.in);
//入力値をString型として読み込み
	String str = scan.nextLine();
//入力値をString型として空白まで読み込み
	String word = scan.next();
//入力値をint型として空白まで読み込み
	int num = scan.nextInt();
//入力値をdouble型として空白まで読み込み
	double dec = scan.nextDouble();
//インスタンスのクローズ
	scan.close();

Scannerクラスを利用するためにjava.util.Scannerをインポートし、Scannerクラスのインスタンス生成をします。

nextLine()は入力された文字列をそのまま読み込みますが、next()では空白まで読み込みます。

また、nextInt()でint型、nextDouble()でdouble型として読み込むことができます。

利用が終わったらクローズしておきましょう。

例外処理

try {
	// 例外が発生する可能性のある処理
} catch (Exception e) {
	// 例外が発生した場合の処理
}

実際に例外が発生した時点でcatch内の処理が実行されるようになります。

制御構造

// if文
	if ((1 == 2) && (3 <= 4)) {
		// 条件式1がtrueの場合に実行される処理
	} else if ((5 != 6) || str.equals("尺骨茎状突起")) {
		// 条件式1がtrueかつ条件式2がfalseの場合に実行される処理
	} else {
		// 条件式がfalseの場合に実行される処理
	}
// switch文
	switch (element) {
	case "水素":
		System.out.println("He");
		break;
	case "ヘリウム":
		System.out.println("Li");
		break;
	default:
		System.out.println("etc.");
		break;
	}
// while文
	while (i <= 3) {
		// 条件式がtrueの間実行
	}
// do~while文
	do {
		// 条件式がtrueの間実行
	} while (i <= 3);
// for文
	for (int i = 1; i <= 3; i++) {
		//// 条件式がtrueの間実行
	}
// 拡張for文
	for (int num : numArray) {
		// 配列要素数回実行
	}

if文とwhile文さえ覚えておけばなんとかなります。

Advertisement

私がスーパープログラマーになったら追記されます。