ソフトブリックした304SHを復旧させる 改造MicroUSBケーブル作成編

ソフトブリックした304SHを復旧させる

304SHを直すために必要な改造MicroUSBケーブルを作成していきましょう。

Advertisement

準備するもの

改造用データ転送対応MicroUSBケーブル

要するに一般的なMicroUSBケーブル。

もしくはMicroUSBケーブル自作

壊れたMicroUSBケーブルを修理して再利用する

記事では自作することを勧めています。
が、はんだごて慣れと器用さが必要です。
少なくとも私は失敗しました。

1/4W 47kΩ抵抗と1/4W 15kΩ抵抗

一本ずつ用意してください。と言っても大体100本単位とかの販売だと思います。
身近に電子工作好きがいれば譲ってもらえばいいですし、都会の人なら秋月電子通商にでも行けばいいですし、地方の人も電子部品屋に行けばいいですし、ケチな人は中華通販を使えばいいですし、田舎の人は・・・送料のほうが高くなるかもしれませんが電子部品通販で購入してください・・・私は例のごとく中華通販です。

はんだ

いい感じにくっついて電気を通すはんだ。

はんだごて

いい感じに加熱されてはんだを溶かせるはんだごて。

はんだごて慣れと器用さ

案の定これが一番重要です。
MicroUSB小さすぎ。

Advertisement

作り方

こちらも、

この動画と、

こちらの記事を参考に作っていきます。

被覆を剥く(既成品のMicroUSBケーブルを使う場合)


緑の円部分をカットして被覆をむいて中身が見える状態にしてください。

端子に抵抗を付ける

まず、15k抵抗と47k抵抗を、

このように撚り合わせます。極性などはありませんので、好きな方を撚り合わせましょう。
次にこれを記事の右上あたりにある画像のとおりにはんだづけします。
どちらがどちらの抵抗かはカラーコードなどで識別しましょう。
一応説明すると、15k抵抗が黒色配線、47k抵抗が赤色配線、撚り合わせた部分が配線されていない部分に接続です。
他の抵抗や配線に接触しないように気をつけましょう。

美しくありませんが、こんな感じになります。

Advertisement

これで一応完成です。304SH復旧記事に戻ってきちんと使えたら終了です。私は何回も修正しました。