外であまりスマートフォンを使わない人向けのMVNOを探す

・アフィリエイトリンクを利用しています。表示がおかしい場合はアドブロック等を解除してください。

要するに私の祖母向けのMVNOを探します。

機械音痴向け 簡単に使えるようにするスマートフォン設定

そもそもMVNOとはなんぞやという方はこちらの記事を御覧ください。

条件に合わせた最適なMVNOを考える

Advertisement

今回の条件

SoftBankからMNPができるMVNO

といっても、大抵のMVNOでMNPに対応しているので問題ありません。

音声通話付きプラン

今まで使っていたフィーチャーフォンからの移行なので、今までの電話番号を維持したメインの回線となります。

メインとして耐えうるある程度きちんとしたMVNO

上記にあるMVNOに関することをまとめた記事にも書きましたが、MVNOによって回線の実測速度などが変わってきます。
なのでメインとして使う場合には実測速度なども気にして契約しましょう。

できるだけシンプルでわかりやすい契約

契約者が私ならば良いですが、今回は私ではなく祖母なので、できるだけシンプルで難しくない契約にします。

利用予定のスマートフォンで使える回線

これもMVNOに関する記事で書きましたが、バンド帯の問題でauの回線を使えない、SIMロックの問題でSoftBankの回線を使えないなど相性問題があります。
今回はSIMロック解除済みのAndroid One 507SHを利用する予定なので、docomo系かSoftBank系のプランになります。
auはバンド帯の問題で利用できません。

Advertisement

早速探してみる

今回は価格を基準に決めていこうと思います。
価格.comの格安SIMカード比較を利用しましょう。

今回は、音声通話付きSIM、MNP可で検索して安い順から検討していきます。

nuroモバイル 0 SIM データ+音声プラン

以前の記事にも書きました0SIMに音声プランを付けると最低756円になります。
月500MBまで無料な0SIMに音声プランを付けるためかなり安くなります。
しかし従量制なのであまり詳しくない祖母に渡すには少し不安です。
また、かなり低速なのでおすすめできません。

記事作成日はそこそこ速い速度が出ていますが、12時30分の実測速度は0.15Mbps(150Kbps)です。
また、アプリダウンロード速度が遅く計測されているため、動画視聴などに速度制限がかかっている可能性があります。
ということで却下・・・

ロケットモバイル 神 プラン+通話プラン

こちらは常時0.2Mbps(200Kbps)しか速度が出ない代わりにデータ量無制限なプランです。
月額も1023円と低価格。
確かに外であまり使わないわけですが、使うときにはある程度速度が出たほうが良いので今回は低速プランも却下・・・

b-mobile S 990JUST FIT SIM

こちらは1GBまでなら最低額である1069円で利用できるプランです。
従量制なので却下・・・

LinksMate データ+SMS+音声通話機能

こちらは1188円で月1GB利用できるプランです。
価格.comで比較できるプランかつ定額の中では最安です。
Cygames傘下の企業が提供していて、ソーシャルゲームをよくプレイする人におすすめです。


実測速度もなかなか早く、結構良いMVNOだと思います。
が、私の祖母の私もあまりソーシャルゲームをプレイしません。
更に、1GBのプランでは常時2Mbpsに速度制限されます。
https://linksmate.jp/plan/

2Mbps出れば十分だとは思いますが、なんとなく癪に触るので今回はやめておきます。

速度制限が撤廃されたようです。
なのでかなりおすすめになりました。

Cygamesのゲームをプレイしていて、5GB以上の契約をする方ならば良いMVNOかもしれません。

イオンモバイル 音声500MBプラン

こちらは月500MB利用できるプランです。
月額1220円です。
あの大手小売イオンが提供していて、イオンの店舗でも契約を受け付けています。
なので、あまり詳しくなくてサポートがほしいけどできるだけ安くしたいといった方にはおすすめです。


ただし、速度は若干遅めで、昼間は0.3Mbpsまで落ちます。
なので今回は却下・・・

DMM mobile 通話SIM

こちらは常時0.2Mbps(200Kbps)の低速プラン。
月額は1231円。
今回は却下・・・

LIBMO

こちらも常時0.2Mbps(200Kbps)の低速プラン。
月額は1274円。
今回は却下・・・

LINEモバイル

こちらは1GBの定額プランです。
月額は1296円です。
MVNOに関する記事でもおすすめしたMVNOです。
カウントフリーなど、様々なオプションがあり、ヘビーに使う人のメイン回線としても十分です。
LINEと連携でき、キャッシュバックなども受けられます。
正直文句な点がありません。
ということで、今回はLINEモバイルを利用したいと思います。

Advertisement

LINEモバイルのどのプランにするか

LINEモバイルを利用するということは決定しましたが、まだ選択肢があります。
プランは音声通話付き1GBプランで決定ですが、docomoプランにするかSoftBankプランにするかの選択肢があります。
使おうと思っている携帯電話がdocomoで使っていた物ならばdocomoプランにしたほうが良いかもしれません。
が、実測速度がdocomoプランとSoftBankプランで顕著に違います。


こちらはdocomoプランの実測速度です。記事作成日の場合、かなり早いですが、昼間は0.5Mbpsに落ちてしまっています。


こちらはSoftBankプランの実測速度です。記事作成日の場合、docomoプランの方が早い時間帯もありますが、こちらは昼間も2.9Mbpsを維持していて、全体的に安定して高速です。
また、動作確認済み端末検索を利用してどちらの回線が良いか調べることもできます。

動作確認されていないかもしれませんが、一応調べておくと良いかもしれません。
例えば今回利用しようとしている507SHは、SIMロック解除をしていれば利用でき、SoftBankプランでデータ通信も音声通話もテザリングもすべて動作確認が取られています。
ということで、基本的にはSoftBankプランにしておくと良いと思います。
が、この先実測速度が低下しないと保証はできません。ここは神(とLINEモバイルの運営とSoftBank)のみぞ知る・・・

早速契約する

LINEモバイルのページから契約します。
私の場合、SoftBankからのMNPなので先に電話してMNP番号を取得しました。
SoftBankからのMNPの場合は、LINEモバイル側の事務手数料が無料になるようなキャンペーンがあるようです。
SoftBankからのMNPの場合は特にLINEモバイルはおすすめかもしれません。
また、音声通話付きの場合はSoftBankに限らずau、docomoからの乗り換えでも2019/1/22まで10000LINEポイント、新規でも5000LINEポイントもらえるというキャンペーンを実施しています。
さらに、音声通話付きの場合は月額料金から3ヶ月1390円引き(私の申し込む1GBプランでは900円引き)されるキャンペーンも実施されています。
MNPする場合でも音声通話付きで新規契約する場合でもかなりお得です。(データ専用やSMSプランではこのキャンペーンはありません)

今回はSoftBank回線、LINEフリー、1GB、音声通話SIM、いつでも電話のみ利用する、他社からの乗り換え(MNP転入)、SIMカードのみ、ナノSIMにしました。
保証オプションはなしです。

個人情報を入力し、本人確認書類を提出し、支払い方法を登録し、ログインIDやパスワードを設定し、契約内容を確認すれば終了です。

かなりの割安感

MNPには手数料がかかるものですが、今回の手数料はSoftBank側事務手数料3240円のみがかかりました。
本来ならば更にLINEモバイル側の事務手数料もかかるはずですが、こちらはSoftBankからのMNPキャンペーンで無料です。
更にLINEモバイル側のMNPキャンペーンで10000LINEポイントもらえるので実質6760円お得になってしまいました。

Advertisement

以上です。キャリアのややこしくて高い回線からMVNOに変えてシンプルライフを送りましょう。