Kinect v2をWebカメラとして利用する

Kinect v2を購入しました

Kinectには赤外線深度センサー以外に普通のカメラも搭載されています。つまりWebカメラとしても利用できるということです。

Advertisement

Kinect v2のカメラ仕様

Kinect v2のカメラは1920*1080のFHD解像度で30FPS撮影ができます。暗所になると15FPSになるらしいですが、そのレベルの暗所だと単純にノイズが多くなるのでやめておいたほうが良いと思います。

Kinect v2をWebカメラとして使う

ということで早速使ってみます。

とは言っても普通にWebカメラとして選択するだけで利用可能になります。

Kinect v2の画角について

さすがに私の自撮りをアップロードするほどインターネットを信用していないのでVRoidで作ったオリキャラで置き換えています・・・

VRoid Studioでオリジナルキャラクターを作る 衣装編集&体型編集編

お察しの通り私はデフォルメキャラクターが好きなので人間の肩幅とはかなりずれていますが、頭のサイズは大体同じになっています。

1m程度離れてこのサイズ感なのでかなり画角は広いです。もはやWebカメラではないレベル。まぁKinectはWebカメラではないのでそりゃあそうなのですが・・・

Kinect v2の画質について

Kinect v2の画質はスマートフォンのインカメラよりは若干良いかな?程度です。

Webカメラとしては十分な画質です。そこまで画質を求めるのならば一眼レフをPCに接続すると良いと思います。

Kinect v2のマイクについて

Kinectにはマイクも搭載されています。

そのままマイクとして簡単に利用することができます。

音質は悪いわけでもありませんが、良いわけでもありません。

どちらかというと声をよく取れるようなマイクになっている感じがします。

Kinect v2の赤外線深度センサーについて

Kinect v2には赤外線深度センサーも付いているのだからそれも同時にうまいこと利用できるのでは・・・?と思いきやそううまいことはいきません。

Kinect v2対応のソフトならば可能だとは思いますが、一般的なソフトウェアには普通のWebカメラとしてカメラ撮影データのみ送られてきます。

ですが、Webカメラとしての動作中も赤外線は照射されています。深度データは要らないのでオフにしたいところですが・・・

Advertisement

Kinect v2は普通にWebカメラとして利用できますが、かなり画角が広いので背景がかなり映り込みます。

それが気になる人はOBSに取り込んでトリミングしてから再度出力する、というような手間をかける必要があるかもしれません。

Webカメラやマイクで誤爆を防止する

Kinect v2とMMDでモーションキャプチャーをする

Xbox One Kinect Sensor

Xbox One Kinect Sensor

46,442円(10/23 12:12時点)
Amazonの情報を掲載しています