AQUOS sense4でGoogle Cameraを利用する

AQUOS sense4の感想

全体的に満足度が高く、便利に利用しているわけですが、デフォルトのカメラアプリは気にいらないのでGoogle Cameraを使ってみようかと思います。

Advertisement

Pixel用カメラアプリ

Google CameraはPixel用にGoogleが開発したアプリで、カメラの性能はそこまで高くないPixelでもキレイに撮影できる、ソフトウェアでの補正が優秀なカメラアプリと言われています。

AQUOS sense4もカメラの性能はハイエンド端末と比べたら良いとは言えません。そこでソフトウェア補正が優秀なGoogle Cameraを利用すれば・・・ということです。

ですがGoogle CameraはPixel用に開発されたものなのでPixel以外の端末では利用できません。

しかし、有志が他の端末でも利用できるようにカスタマイズしたものが野良で配布されています。

野良ですし、端末によって動作しないカスタマイズ版も多いなど難がありますし、完全に自己責任ですが、使えると何かと便利です。

ちなみに私のAQUOS sense4は”GCam_7.3.018_Urnyx05-v2.1_Wichaya_V3.1.1.apk”が動作しました。完全に自己責任です。

Google Cameraのメリット

暗い場面での補正が優秀

特にGoogle Cameraは暗い場面での補正が優秀と言われています。

ミドルレンジ端末でも昼間はある程度キレイに撮れますが、夜間などはノイズが多く乗ることがあります。そういった場面でもソフトウェア補正の力で比較的画質良く撮影ができるわけです。

RAW記録が可能

デフォルトのアプリではRAW記録が不可能ですが、Google Cameraならば可能です。まぁRAW記録したとしても私は現像しないのですが・・・

ファイルの命名規則がまとも

デフォルトアプリで撮影した際に保存される写真は”DSC_001.JPG”というように命名されます。

後ろの番号はフォルダーに存在している写真の次のものが付けられるため、写真を移動するとナンバリングがリセットされ名前が被り、PCで管理する際に不便になります。

その点、Google Cameraでは”IMG_日付_時間”という命名規則になっています。これなら被りませんしまともです。

実際に利用してみて

暗所で撮影してみたところ、デフォルトカメラアプリでは全く写らないところもGoogle Cameraならば写りました。(画質はさておき)

その他の点もGoogle Cameraのほうが便利です。

Advertisement

Google Cameraのほうが何かと便利なので、デフォルトのカメラアプリに不満がある場合は試してみてください。ただし自己責任です。