dyson DC62を完全分解して清掃する

DC62が届きました

dyson V6を完全分解して清掃する

V6を清掃したので次はDC62です。

Advertisement

dyson DC62の完全分解清掃

dyson V6と同じくDC62もフィルター以外水洗い厳禁です。やらないほうが良いです。保証対象外です。

が、私のdyson DC62は得体のしれないホコリがおまけとして付属してきた中古品なので完全分解清掃しました。やめておいたほうが良いです。

分解手順

基本的にV6と同じです。dyson V6の分解手順は調べればいくらでも出てくるのでそれを参考にしてみてください。自己責任です。

一応手順としては、クリアビンを外す→サイクロン部とモーター部を分ける→隙間に細いなにかを挟んでツメを外して分解する→トルクスネジT8を5本外す→分解する→分解する→トルクスネジT8を2本外す→トルクスネジT8を3本外す→分解する→分解する→分解する→分解する→分解するというような手順です。

難易度としてはそこまで高くありませんが、地味に面倒ですし、工具も汚れます。やめておいたほうが良いと思います。

なお、プレフィルターは分解せずに冷水で洗うことが推奨されています。分解する場合はツメ部分にマイナスドライバーなりを押し込めば外す事ができますが、非推奨です。やる必要もあまりないと思います。

なお、クリアビンには電気系統がありますし、水が入り込む隙間も多いので水洗いはおすすめしません。

壊れたとしてもカビたとしても保証対象外になったとしても面倒だとしても洗いたい場合は、完全分解して念入りに洗った後、できるだけ早く完全に乾くようにするとリスクが減るような気がします。自己責任です。

V6のポストフィルターに相当しそうな部分も一応分解することができますが、結構難しいですし壊れやすいので普通は分解する必要はありません。
分解する場合はツメのある部分に精密ではない頑丈なドライバーなりを刺してうまいことやってください。結構力を入れないと外れませんでした。

モーター搭載ヘッドの清掃について

モーターヘッドなども一応ある程度分解して清掃できるわけですが、部品数も多いですし、モーターが搭載されていることもあり完全分解して水洗いするのは難しいと思います。

ブラシ部分は取り出して水洗いOKなのでブラシ部分は外して水洗い、その他はブロワーなどでホコリを飛ばし、エタノールなどで拭けばある程度綺麗になるような気がします。

Advertisement

DC62はポストフィルターに相当しそうな部分に活性炭の空気清浄HEPAフィルターを追加することで排気をより綺麗にできるらしいです。なので私は余っていた100円均一のHEPAではない薄いレンジフード用フィルターを付けてみましたがほぼ効果は感じられていません。やる場合はちゃんとしたHEPAフィルターを利用することをおすすめします。