改めて本を裁断してスキャンしました

本を裁断してスキャンしました

要らなくなった本をスキャンしたわけですが、仕上がりに納得がいかなすぎたのでやり直しました。

Advertisement

スライド式ペーパーカッターで裁断し直し

ダイソーのスライド式ペーパーカッターは小型で少量の本を裁断したい場合には最適かもしれない

中国製のやっすい裁断機を買うよりも前に買ってあったダイソーのスライド式ペーパーカッターを利用して裁断し直しまた。

一気に10枚程度しか裁断出来ないとはいえ、10枚すらうまいこと裁断できない中国製裁断機よりは圧倒的にマシです。

完璧に細かく測れば完全に揃った状態で裁断することも可能だとは思いますが、実際はそうではないので1ミリ程度ズレたりはしました。
とはいえ前回に比べれば圧倒的にきれいに裁断することが出来ました。

スキャンし直し

DR-C125の取り込み設定自分用メモ

ある程度揃った状態で裁断したこともあり、極端に曲がることはなくなりましたが、どうしても紙をスキャンするときにズレてしまいます。

スキャナー側で補正はされますが完璧に真っ直ぐにはなりません。まぁ1枚で見ればそこまで気にならないとは思います。

表紙カバーは重送感知をオフにしないとスキャンできないので一時的に重送検知をオフにします。
また、排紙時に引っかかるのかスキャン画像に歪みが出たのでストレート排紙にしました。

今回は薄い紙をスキャンして裏写りしたので裏写り除去もオンにしました。

出力設定はPDFにしてOCRもしました。完璧には出来ていませんでしたが、そこそこ認識してくれていたので単語検索程度には十分に使えると思います。

Advertisement

最初からPDFでスキャンしたので変換はしません。が、画質優先でスキャンしたこともありかなり容量が大きいです。圧縮は後々考えましょう。

きれいに裁断し直したこともありクオリティはかなり上がりましたが、とはいえやはり完璧にはなりません。もう私が議員になって紙媒体電子データ同梱法を立法させるしかないのでしょうか・・・