Raspberry Pi OSをインストールする

Raspberry Pi 4 Model Bを買いました

Raspberry Pi 4を購入したので、Raspberry Pi OSをインストールして利用できるようにします。

Advertisement

USBブート

Raspberry Pi 4でUSBブートする

USBブートをする場合はこちらを参考にブートローダーをアップデートしたりという手順を踏みます。

Raspberry Pi OSの用意

Raspberry Piには様々なOSをインストールして利用することが可能ですが、初めてですし特に他のOSを利用する理由もないのでとりあえず公式のRaspberry Pi OSを利用しようと思います。

Raspberry Pi ImagerでSDに書き込み

Raspberry Pi Imagerをダウンロードし、PCにインストールしてください。

利用するSDカードをPCに接続しRaspberry Pi Imagerを起動、CHOOSE OSでインストールしたいOSを選択、CHOOSE SD CARDでインストールするSDカードを選択してWRITEで書き込みます。

今回はCUIのみなRaspberry Pi OS Liteの32bit版を書き込みました。SSHで頑張ろうと思います。

SSHサーバーの有効化

ディスプレイやキーボードなどをRaspberry Piに繋ぐのが面倒なので、最初からメインPCで操作できるようにSSHサーバーを有効化しておきます。

SDカードを再マウントし、bootパーティーションに”ssh”という空のファイルを作成します。

Wi-Fiで接続したい場合は設定用のファイルも作成してください。

Raspberry Piの起動

SDをRaspberry Piに挿入し、電源を入れてください。

SSHで接続

PowerShellなどで

ssh [email protected]

とコマンドを入力してください。これがRaspberry Piの初期ユーザーです。

初期パスワードは”raspberry”です。

デフォルトユーザー名の変更

[Raspbian]ユーザ名変更の個人的に「正しい」と思うやり方

なんとなくデフォルトのユーザー名のまま使い続けるのは嫌ですし、セキュリティ的にもよろしくないと思うのでデフォルトユーザー名の変更をします。

仮ユーザーの作成

sudo useradd -M temp

このコマンドで新規ユーザーを作成します。ユーザー名の例はtempにしていますが、好きなユーザー名にしてください。

sudo gpasswd -a temp sudo

sudoグループに追加、

sudo passwd temp

パスワードを設定

exit

ログアウトします。

ユーザ名変更

ssh [email protected]

先程作成した仮アカウントでログインし、

sudo usermod -l newuser pi

ユーザー名を変更し、

sudo usermod -d /home/newuser -m newuser

ホームディレクトリを変更し、

sudo groupmod -n newuser pi

グループを変更します。

exit

ログアウトします。

仮ユーザーの削除

ssh [email protected]

先程変更した新ユーザー名でログイン(piユーザーをユーザー名変更したのでパスワードはraspberryです)し、

sudo userdel temp

仮ユーザーを削除、

sudo passwd newuser

パスワードを変更します。

sudo rm /etc/sudoers.d/010_pi-nopasswd

ユーザー名”pi”でパスワードなしでsudoを実行できる状態になっているので削除します。

IPアドレスの固定

サーバーとして利用するのならばIPアドレスを固定しておきたいので固定します。

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

エディタで開き、下部に

interface eth0
static ip_address=固定したいIP
static routers=ルーターのIP
static domain_name_servers=ルーターのIP

を追加します。

Advertisement

ということで準備万端になりました。あとは各種サーバーの構築ですね・・・

Raspberry Piを各種サーバーにする