Windowsクリーンインストール後構築まとめ

これのリライトというか、改修、完全化です。

Advertisement
目次

事前準備

ダウンロードやデスクトップなどバックアップされていないフォルダをバックアップ

まぁ私の場合はクラウドストレージにバックアップされているのでしなくても良いのですが、一応しておきましょう。

OneDriveを利用する

アドブロック設定ファイルバックアップ

サイト運営者としてはアドブロックは推奨しません。

Tampermonkeyデータバックアップ

色々なユーザースクリプトなどをバックアップしておきましょう。

IME個人辞書保存

個人辞書をバックアップしておきます。
GoogleIMEも辞書クラウド同期機能を再度提供してほしいですね。

なお、辞書にはメールアドレスを登録しておくと便利です。
特に私みたいに大量にある人はね。

タスクバー、スタートメニューの配置スクリーンショット

アイコンの配置をスクリーンショットしておくと普段使っているソフトウェアやインストールするのを忘れているソフトウェアなどを確認できます。
なのでおすすめ。

隠れているインジケーターもスクリーンショットしておくと常駐ソフトがわかって良いかもしれませんね。

デスクトップにアイコンがゴチャっとしている人は知りません。

Explorerドライブ構成スクリーンショット

これは大量にネットワークドライブを登録している人だけで良いと思います。

私もそこまで多いわけではありませんが、まぁあると便利です。

ついでにクイックアクセスの登録もわかりますしね。

バックアップ用bat実行

ファイルを確実かつ便利にコピー・バックアップ・ミラーリングしたいのならばRobocopyが最高

robocopyで構築したbatを実行しておきます。

Windows10インストールメディア作成

このツールを利用してWindows10インストール用インストールメディアを作成します。

エラーが発生する場合はインストールツールを作成しようとしているUSBにコピーしてそこから起動するとうまくいくかもしれません。

Advertisement

Windowsクリーンインストール

アカウント設定

Microsoftアカウントにログインしちゃってもいいのですが、そうするとフォルダ名がアカウント名になってしまうのでオフラインアカウントで作成します。

アカウント名は英数字のみにしておくと2バイト文字でエラーが出るタイプのソフトウェアでも都合がいいので英数字にすると良いかもしれませんがまぁ好みです。

クリーンインストール後(基本)

Google Chromeインストール

Windowsを入れて最初にやることはChromeのインストールです。常識ですね?

個人的導入Chrome拡張機能まとめ

Google日本語入力インストール

同時にGoogle日本語入力もインストールしておきます。

まぁ好きなIMEを使ってください。

PC名変更

先にPC名を変更しておきます。

メインデスクトップならMain、ラップトップならLaptopのように名付けています。
別に未来ガジェット1号、未来ガジェット2号とかにしてもいいのですがね。
あ、でも日本語を設定するのはおすすめしません。

仮想メモリ設定

メモリ8GB端末の場合→Cドライブをシステム管理で利用

メモリ16GB端末の場合→ページファイルなしに設定Cドライブをシステム管理で利用

ただし8GB端末で19GBもコミットされるので(利用は12GB程度)、一応システム管理で利用するようにしたほうが良いかもしれませんね。
使っていて問題があればシステム管理にしたいと思います。
めちゃメモリ食うCities: Skylinesが起動できなかったので仮想メモリも必要です。

メモリを増設して16GBになりました

IPアドレス固定

自分のPCのIPアドレスを固定します。

各種ネットワーク機器側でIPアドレスを固定する

SSIDごとにIPアドレスの設定をする

ドライブ共有設定

メインPCならCドライブとDドライブまるごと、ラップトップならCドライブまるごと共有します。

MainのCドライブならばMain System、DドライブならばMain Data、LaptopのCドライブならばLaptopなど名付けて共有します。

アクセス許可はフルコントロールにします。

ネットワークドライブ設定

基本的にドキュメントのバックアップフォルダに必要なファイルが入っているのでネットワークドライブにさっさと接続しましょう。

なお、Windows10ではsmb1.0が無効になっていることがあります。
その場合はWindows の機能の有効化または無効化からSMB 1.0/CIFS クライアントを有効にしましょう。

nasne(Z)

Zドライブにはnasneの外付けHDDを設定します。

304SH(Y)

YドライブにはAndroidサーバーである304SHを設定します。

Servers Ultimateを利用してAndroid端末を各種サーバーにする

Laptop OR Main System(X)

メインPCならラップトップ、ラップトップならメインのCドライブを設定します。

レンタルサーバー OR Main Data(W)

メインPCならレンタルサーバー、ラップトップならメインのDドライブを設定します。

リストアbat実行

メインPCからリストア用batを実行します。

ラップトップの場合はメインPCから対象ラップトップにバックアップするbatを実行すればデータが戻るはず。

IME辞書インポート、設定変更

リストアbatでIME辞書のバックアップが手に入ったのでインポートします。

同時にスペース入力を半角に、アルファベットと数字を半角に変更しておきます。

無変換キー半角英数入力切替を削除します。

Thunderbirdインストール

メーラーを導入します。

Thunderbirdの構築まとめ

設定関係はちまちま再設定するかバックアップからリストアするかです。

また、Thunderbird側に自動起動設定がないので(多分)、自分でスタートアップにショートカットを設置して自動起動します。
パスは、

C:\Users\%UserName%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

です。

TeamViewerインストール

遠隔操作ソフトウェアです。

インストールしてログインして無人セットアップ設定をしておきます。

GIMPインストール

GIMPの構築まとめ

GIMPをインストールします。

ポータブル版のデータをインストール版へコピーして復旧します。

Google Driveのインストールと設定

G SuiteのGoogleDriveをバックアップと同期で利用する

デスクトップとダウンロードフォルダーのバックアップやデータの同期、バックアップなどクラウドストレージとして非常に重宝しているGoogle Driveの設定をします。

インストールしたらさっそくGoogle Driveのデータを同期させ、Google Driveの自動ジャンクション設定batを開きます。

その後、OneDriveの自動ジャンクション設定batにかかれているバックアップ対象フォルダーを見ながらバックアップ設定をします。それに加えてデスクトップとダウンロードフォルダーも設定します。

OneDrive設定

OneDriveを利用する

Google Driveにもバックアップしてあるファイルのバックアップというせっかくだから使っておこう的な使い方になっているOne Driveの設定をします。

ログインしたら自動ジャンクション設定batを開いてバックアップされるようにします。

Steamインストール

まぁラップトップでゲームはあまりしないと思いますが、せっかくなので入れておきます。

DDLCとかUndertaleなら余裕で動くでしょうしね。

Minecraftインストール

たまになんとなくやりたくなるMinecraftをインストールしておきます。

Microsoft Officeインストール

Officeを利用する

正直LibreOfficeでも十分だと思っていますが、せっかくOffice 365を使っているのでインストールします。

タスクバー、スタートメニュー整理

ここまで来るとおそらくインストール系のソフトウェアは揃っているので、ポータブル版のショートカットを作成し整理します。

すべての設定から設定

コントロールパネルから設定

ここも事細かにメモっておきたいところですが、さすがに設定項目が多すぎるのでやめておきます。
自分の好きなように設定してください。

休止状態有効化

基本的にスリープ運用なのでめったに休止状態は使わないのですが、電源抜いて掃除したいときなどたま~~~に休止状態を使いたいことがあるので有効化しておきます。

コントロールパネルから電源オプション、電源ボタンの動作を選択するに移動し、現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックし休止状態にチェックを入れます。これで有効化されます。

HDD電源オフ無効化

HDDを常時回転させるか否かについての話

HDDは常時回転させておくことにしたので、デフォルトの20分で停止をなしに変更します。

コントロールパネルから電源オプション、利用しているプランのプラン設定の変更、詳細な電源設定の変更、ハードディスク→次の時間が経過後ハードディスクの電源を切るを下に押し続けなしに変更します。

利用しているプランが複数あるのならばすべて変更しておきましょう。

サウンドデバイス名変更

再生デバイスとしてGoogle Home Miniとヘッドホンを利用しているのですが、Google Home Miniはヘッドホン、ヘッドホンはスピーカーと名付けされてしまっていて非常にわかりにくいのでサウンドデバイス名を変更しておきます。

コントロールパネルからサウンドを開き、目当てのデバイスを選択して名前を変更します。

プリインストールソフト削除等

保存してあるレジストリ編集ファイルを実行します。

(OneDriveをバックアップ用として利用している都合上、OneDriveのみ抹消対象外になっています)

KeySwapでキー無効化

CapsLock→Shift
NumLock→無効化
Insert→Delete

といった感じです。まぁプリセットを作ってあるはずです。

マウスでのスリープ解除無効化

デバイスマネージャからマウスを選択し、プロパティ内の電源の管理からスタンバイ状態解除を無効に設定します。
それでも解除されてしまうのならマウスなのにキーボードとしても認識されている可能性があるので、マウスっぽいキーボードのデバイスから無効にします。

キーショートカット画面ロックアンドスリープ設定

キーショートカットで画面スリープ+ロックをかける

C:\Users\%UserName%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
にショートカットをコピーするbatを実行します。

Ctrl+Atl+Sで起動するように設定してありますが、一旦他のショートカットキーに変更してまた戻さないと動かないことがあるので変更して戻しておきます。

Wake On LAN関連設定

Servers UltimateでAndroid端末をWake on LANツールとして利用する

Wake On LAN系の設定をデバイスマネージャーからします。

なお、Magic Packetでのみスタンバイ解除にしましょう。
そうしないとネットワークドライブとして接続した他のPCでExplorerが開かれただけでスリープ解除されてしまいます。

BIOS設定

CPU内蔵グラフィック(iGPU)と外部グラフィックボード(dGPU)を同時接続して特定のゲームなど高負荷ソフトウェアのみdGPUを利用する

GPU系やWake On LAN関連などの設定をします。

iGPU、dGPU共存設定

CPU内蔵グラフィック(iGPU)と外部グラフィックボード(dGPU)を同時接続して特定のゲームなど高負荷ソフトウェアのみdGPUを利用する

GPUが複数搭載されているPCならばこの設定をしておきます。

ソフトウェアのGPU利用先指定

GPUが複数搭載されているPCならばこの設定をしておきます。

Cities: SkylinesやAviUtlなどを指定しておきます。

フォントインストール

個人的おすすめ日本語対応フリーフォントまとめ

フォントをインストールします。

Chrome拡張機能の設定

ブックマークや拡張機能自体は自動で同期されますが、拡張機能の設定などは一部同期されません。

AdBlockの設定インポート、PushBulletのログイン、Tab Position Customizer2の設定し直し、Tampermonkeyの設定インポートをします。

クリーンインストール後(一部)

Discordインストール

インストールしてログインしておきます。
メインPCにのみインストールします。

Google Play Music Managerインストール

メインPCにのみインストールします。

Amazon Photosインストール

Amazon Photosで容量無制限無劣化写真バックアップを利用する

メインPCにのみインストールします。

Wired XDisplayインストール

メインPCにのみインストールします。

プリンタードライバインストール

家にあるプリンター、PX-049Aのドライバです。

メインPCにのみインストールします。

スキャナードライバインストール

スキャナーソフトウェアインストール

ドキュメントスキャナーが届きました

CR-125Cのソフトウェアです。

HUTで5ボタンマウスのショートカット設定

5ボタンマウスを利用する端末でのみ設定します。

Logicool Optionsインストール

Logicoolのマウスを利用する端末にインストールします。

ペンタブドライバインストール

ペンタブレットを買い替えました

メインPCにのみインストールします。
型番はCTH690です。

インストールして再起動後、ペンタブレットの設定からペンの下ボタンの割り当てを中ボタンに変更します。

OpenVPNインストール

Servers UltimateでAndroid端末をVPNサーバーとして利用する

VPN接続用ツールをラップトップに導入します。

SSDツールのインストール

SamsungのSSDを利用している場合は上のリンク、CrucialのSSDを利用している場合は下のリンクからSSDツールをインストールして設定します。

 

Advertisement

以上です。動作が重くなってきたらクリーンインストールするとかなり快適になるのでデータをバックアップして設定をメモってから実行しましょう。